logo
ホーム What's New クルクミンパワー インドネシアウコン 製品案内 お客様の声 FAQ 事業部案内 INDEX
menu00
ウコンパワー
クルクミンとは?
ウコン成分の特徴と作用




menu01
menu01
menu99
previous next

ウコン成分の特徴と作用

ウコンに含まれてる数百種類の精油成分のうち、薬理作用を持つ代表的なもの

クルクミン 肝臓機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用がある。
ターメロン 胆汁分泌を促進する作用がある。
シネオール 健胃作用、殺菌作用、防腐作用に優れた効果がある。
α−クルクメン 実験的に抗ガン作用の強い活性が認められているほか、体内のコレステロールを溶かす作用があり、胆道結石や動脈硬化に有効といわれている。
クルクモール 実験的に抗ガン作用の活性が認められており、中国では、特に有効といわれる子宮頚ガンの治療に臨床的に用いられています。
β−エレメン 実験的な腫瘍に対して増殖を抑える活性が認められている。
アズレン 炎症や潰瘍を治す作用や胃液のペプシンを抑える作用があるので、アフタ性口内炎、胃・十二指腸潰瘍などの治療薬として使われます。
カンファー 精神の興奮作用、強心作用がある。
フラボノイド 抗出血性ビタミンPの作用がある。

[ クルクミンパワーの秘密クルクミンとは| ウコン成分の特徴と作用]

previous next



[ ホームWhat's Newウコンパワーインドネシアウコン製品案内お客様の声FAQ事業部案内INDEX ]